初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

セパン合同テスト~カピロッシがトップタイム

セパン合同テスト~カピロッシがトップタイム

セパン合同テスト~カピロッシがトップタイム

MotoGPクラスの9チームが参加しての合同テストは22日、マレーシアのセパン・サーキットで行われ、この日から今年初のテストをスタート開始したドゥカティのロリス・カピロッシが、トップタイムをマークした。

パーフェクトなコンディションに恵まれた中、3日間前に雪上で新型マシン『デスモセディチGP5』を発表したばかりドゥカティは、素早い順応力を披露。カピロッシが46ラップを走り、2分02秒18を叩き出せば、新チームメイトのカルロス・チェカは安定して2分03秒台で周回を重ねていた。

04年王者バレンティーノ・ロッシは、05年型M1で2番手のラップタイムをマーク。コーリン・エドワーズも新型マシンをテストした。

ヤマハのサテライトチーム、フォルトゥナ・ヤマハ・テック3入りしたルベン・チャウスは、初めてM1をライドすれば、ルーキーのトニ・エリアスは転倒を喫し、右手小指を脱臼した。

ホンダ勢では、古巣に復帰したアレックス・バロスが素早いセッティングで3番手に浮上。チームメイトのトロイ・ベイリスは、午後6時まで意欲的に走り込んだ。

ホンダのファクトリーチーム、レプソル・ホンダ入りが数日前に正式決定したばかりのマックス・ビアッジは、新たにチーフメカニックに就任したアーブ・カネモトの下、左足首骨折を保護するためにダイネーゼが特別に準備したブーツを履き、今年初のテストに登場。ギアチェンジの際に、まだ痛みがあることを認めたが、ポジティブなテスト初日だったことを強調した。

カワサキの中野真矢とアレックス・ホフマンは、04年型マシンでテストを開始。中野は午後に05年型を初ライドした。

唯一、2日前からテストを進めているスズキ勢では、ケニー・ロバーツが4番手のタイムをマーク。明日月曜までテストを実施する予定。

非公式ラップタイム:

ロリス・カピロッシ (ドゥカティ): 2分02秒18
バレンティーノ・ロッシ (ヤマハ): 2分02秒30
アレックス・バロス (ホンダ): 2分02秒71
ケニー・ロバーツ(スズキ): 2分03秒00
コーリン・エドワーズ (ヤマハ): 2分03秒08
ニッキー・ヘイデン (ホンダ): 2分03秒17
マックス・ビアッジ (ホンダ): 2分03秒35
セテ・ジベルナウ (ホンダ): 2分03秒40
マルコ・メランドリ (ホンダ): 2分03秒50
カルロス・チェカ (ドゥカティ): 2分03秒57
玉田 誠 (ホンダ): 2分03秒63
トロイ・ベイリス (ホンダ): 2分04秒9
ルベン・チャウス (ヤマハ): 2分04秒9
トニ・エリアス (ヤマハ): 2分05秒2

セパン・サーキットのベストラップ: 04年バレンティーノ・ロッシ 2分01秒833(=ポールポジションラップ)

Tags:
MotoGP, 2005, Loris Capirossi

Other updates you may be interested in ›