初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

キャメル・ホンダ好発進

キャメル・ホンダ好発進

キャメル・ホンダ好発進

キャメル・ホンダに所属するアレックス・バロスとトロイ・ベイリスの2人は23日、05年シーズンに向けて、今年初のテストをマレーシアのセパン・サーキットで開始。両ベテランライダーは、手応えを強調した。

「満足だ。2ヶ月間バイクに乗っていなかったけど、期待以上に順調だった」とブラジリアンライダーは、全体で3番目、ホンダ勢ではトップのラップタイムをマークした。

「バイクに慣れるまでにもっと時間を要するだろうと考えていたけど、全くその反対で、すぐにいい感触を掴んだ。その上、エンジンブレーキを始め、クラッチ、リアブレーキなど、セッティングの作業もできた。タイヤテストはできなかったけど、それは明日のプログラムに予定している。ラップタイムに満足。昨年のグランプリの時よりも、コーナリングも良かったし、何よりも速かった。新シーズンに向けて、いいスタートが切れたのは間違いなしだ。」

チームメイトのベイリスは、3度目のテストとなるRC211Vへの乗り換えに専念。80ラップと走り込んだ。「過去2回のテスト(バレンシアとヘレス)のようなフィーリングがまだないけど、これは普通のことだと思う。セパンは全く環境が違うからね。」

「今は、トラクションを探しているところ。今日の結果は、サスペンションとタイヤテストに取り組む明日につなげなければいけない。 」

Tags:
MotoGP, 2005

Other updates you may be interested in ›