初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ポルト:「タイトル争いが目標だ」

ポルト:「タイトル争いが目標だ」

ポルト:「タイトル争いが目標だ」

ランク2位のセバスチャン・ポルトは、昨シーズンの最終戦バレンスアGP以来となる初ライドを行い、悲願のタイトル獲得に向けて本格的に始動した。

所属するAACレプソル・アスパルは、05年型パーツの準備できるまでウインターテストを実施しないことを昨シーズン末に決定。約3ヶ月のブレーク後、ヘレス・サーキットで3日間のテストを実行した。「有意義なテストだった。満足だ」と昨年のポールポジションタイムに接近する1分43秒816をマークしたアルゼンチン人ライダーは振り返った。

「最悪だったのはスペインを襲った寒気団。3日間中2日間はすごく悪かった。気温が低過ぎただけでなく、風が強かった。」

「それでも、全体的なテスト内容としは好評価だ。たくさんのテストを消化し、特にシャーシ、スイングアーム、サスペンション、そしてエンジンも少しだけ調整した。」

「ダニ(・ペドロサ)のラップタイム?常に考慮する。ホンダ勢は速く、ダニは好タイムをマークしたけど、他が何をテストしているのか決して分からないし、この時期のこの段階で僕が心配しているのはセッティングのことで、4月の開幕戦でどのようなスタートを切れるかが重要だ。」

「新シーズンはハードなチャンピオンシップになるだろう。ダニが1年間の経験を積み、タイトル争いの中心になるのは明らかだ。それに、125ccクラスから勢いのある若いライダーたちが、『大人』となって参戦して来る。彼らは素早く順応してくるだろう。ホルヘ・ロレンソはもう速さを証明しているし、ドビツイオーソもバルベラの2人も同様だ。」

「そして、ランディだ。経験豊富で戦闘力を兼ね備えている」と今年のチームメイトがタイトル争いのライバルととなることを強調。「つまり、速いライダーがこのクラスに集結したということだ。」

「僕としては、タイトル争いが目標である。ここ数年間はいつもバイクを乗り換えて、その度に順応しなければいけなかったけど、その点では今年は2年連続して同じバイクで、同じチームから参戦するから落ち着いている。」

Tags:
250cc, 2005

Other updates you may be interested in ›