初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

心機一転のベイリス、飛躍のシーズンへ

心機一転のベイリス、飛躍のシーズンへ

心機一転のベイリス、飛躍のシーズンへ

2度目のRC211Vをテストに挑んだトロイ・ベイリスは、最初の2日間は複数の問題に悩まされてラップタイムが延びなかったが、3日目最終日には満足のセッティングが進み、手応えを掴んだことを強調した。

「最終的に、僕は今回のテストに満足したと言うことが出来る」とオージーライダーは振り返った。「2日目より、ラップタイムを1.3秒縮めることが出来た。全ての面で改善され、正しい方向性が決まった。昨年のテストの時よりも、レースの時よりも速い」タイムをマークすることができた。」

「10ラップの連続走行を2回ずつ実行し、好リズムで走れた。2週間後、ここセパンに戻ってくる時には、今回のテストを継続することができる。チーム全員は最初の問題に対してリアクションを起こすことができた。その一方で、アレックス(・バロス)と一緒に入って、徐々に進歩して行った。」

「大量のデータを分析しました。そして、可能な問題解消法を検討し、それが正解がどうかを検証しました」とベイリスのチーフメカニックのサンティ・ムレロは説明する。

「トロイは今、バイクがより乗りやすくなり、細かいところの調整に集中する次回テストではもうワンステップするでしょう。」

Tags:
MotoGP, 2005

Other updates you may be interested in ›