初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ギュントーリ、古巣で初テスト実施

ギュントーリ、古巣で初テスト実施

ギュントーリ、古巣で初テスト実施

シルヴァン・ギュントーリは、01年以来4年ぶりに世界舞台デビューを果たしたエキップ・ド・フランスから参戦。今週2日から3日間、グレゴリー・ルブランと共にスペインのアルメリア・サーキットで初テストを実施した。

「初テストを通して、4年前に一緒に働いていたスタッフとの関係を思い出した。チーム運営は当時よりも少し改善されたけど、また同じメカニックたち一緒に仕事ができることは楽しいよ」とフレンチライダーはチーム復帰後の初テストを振り返った。

「好天気に恵まれ、理想的なコンディションだった。250ccクラスは僕たちのチームのみ。他はスーパーバイク世界選手権や英国スーパーバイク選手権に参戦するチームとの合同テストだった。テン・ケイト・ホンダ(藤原克昭のチームメイト)からスーパースポーツ世界選手権に参戦するセバスチャン・シャルパンティエに久々に再会した。彼とは95年スクーター選手権で一緒に戦っていたんだ。」

「これからはラップタイムを気にせずに、落ち着いて仕事を進めることが出来る。テストは順調だった。まだ新型キットが準備できていないから、昨シーズンを通じて開発されたパーツでテストした。」

「最終戦から約3ヶ月間もバイクに乗っていなかったけど、いいフィーリングがあった。テストが順調だったから、とても満足だ。リズムを取り戻すことができたし、来週のバレンシア・テストに向けて、いい準備となった。全くプレッシャーがなく、ほとんど1人で走っていたけど、やっぱりライバルがいた方がやりがいがある。」

Tags:
250cc, 2005, Sylvain Guintoli

Other updates you may be interested in ›