初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

セパン合同テストプレビュー

セパン合同テストプレビュー

セパン合同テストプレビュー

MotoGPクラスに参戦する10チーム18人が、マレーシアのセパン・サーキットに集結。1月下旬に続き、今年2度目の合同テストが11日から3日間の予定で実施される。

前回のセパン合同テストでは、新型デスモセディチを駆けたロリス・カピロッシが3日間連続のトップタイムをマーク。体調不良のために欠場したカルロス・チェカは、予定を1日繰り上げて10日からコースインすれば、ドゥカティのサテライトチームから最高峰クラスに初挑戦するロベルト・ロルフォは、デスモセディチGP3&ダンロップタイヤで初テストに臨む。

最多の4チーム7人を揃えるHRC勢は、新型RC211Vを今回から投入。負傷から順調に回復しつつあるマックス・ビアッジを筆頭にタイトル奪回に向け、本格的な開発テストに取り組む。

現王者バレンティーノ・ロッシとコーリン・エドワーズは先週、W杯アルペンスキー会場のイタリア・ボルミオでチーム体制発表会を実施した。

「昨年型はいいバイクだったけど、僕たちは限界まで開発した。だから、ヤマハは全く新しいバイクの開発に取り組み、すごいスピードでバイクを作り上げてきた。でも、まだ開発作業が必要だ。ドゥカティは改善され、ビアッジとジベルナウは戦闘力が高い。だから、僕たちにとってはビックなチャレンジとあるだろう」とロッシは語った。

11日からの合同テストに先立ち、スズキが9日から、ドゥカティは10日からテストをスタートする。

Tags:
MotoGP, 2005

Other updates you may be interested in ›