初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

セパン合同テスト3日目: 玉田がセッション初制覇!

セパン合同テスト3日目: 玉田がセッション初制覇!

セパン合同テスト3日目: 玉田がセッション初制覇!

MotoGPの合同テスト3日目最終日は13日、マレーシアのセパン・サーキットで行われ、3年目を迎える玉田誠がセッションを制覇。今回のテストから新型マシンを投入したHRC勢が3日間連続してトップをキープした。

2年間走り慣れたブリヂストンからミシュランに履き替えたばかりの玉田は、「いいテスト結果でした。新型RC211Vでの初テストにとても満足しています」とセッション終了後に語った。

「今日は最も安定していて、よりアグレッシブに走ることができ、一番のタイムで今回のテストを終えることができました。今年はまだ始まったばかりですが、トップになれたこと、これが僕たちの目標です。」

2日目トップだったマックス・ビアッジは2番手。ビアッジと入れ替わるように古巣に復帰したアレックス・バロスが3番手と、HRC勢が3日間連続してトップ3を独占した。

2日目にインフルエンザのためにテストを中止した王者バレンティーノ・ロッシは、05年型M1でレースシミュレーションに取り組み、HRC勢に割って入った。

2日目は発熱のために僅か10ラップでテストを打ち切ったロリス・カピロッシは、最終日も42ラップを終了した時点で、宿泊先のホテルへと戻った。

チームメイトのカルロス・チェカは、多くのライダー同様に22ラップのシミュレーションに取り組み、安定して2分02秒台を刻んでいた。

ルベン・チャウスは2日目に引き続き、最終日も手のマメの状態が良くないことから、来週のフィリップアイランド・テストに備えるために走行を見合わせた。

非公式ラップタイム:

玉田誠 (ホンダ): 2分00秒955(64ラップ)
マックス・ビアッジ (ホンダ): 2分01秒015(78ラップ)
アレックス・バロス (ホンダ): 2分01秒159(61ラップ)
バレンティーノ・ロッシ (ヤマハ): 2分01秒275
セテ・ジベルナウ (ホンダ): 2分01秒373
ニッキー・ヘイデン (ホンダ): 2分01秒385(85ラップ)
ロリス・カピロッシ (ドゥカティ): 2分01秒452(42ラップ)
マルコ・メランドリ (ホンダ): 2分01秒506
コーリン・エドワーズ (ヤマハ): 2分01秒641(38ラップ)
カルロス・チェカ (ドゥカティ): 2分01秒844(77ラップ)
伊藤真一 (ドゥカティ): 2分02秒907(43ラップ)
中野真矢 (カワサキ): 2分03秒571(53ラップ)
トニ・エリアス (ヤマハ): 2分03秒600
トロイ・ベイリス (ホンダ): 2分03秒729(62ラップ)

サーキットレコード: 04年 バレンティーノ・ロッシ 2分03秒253
サーキットベストラップ: 04年 バレンティーノ・ロッシ 2分01秒833

Tags:
MotoGP, 2005

Other updates you may be interested in ›