初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

P.ニエト、エストリル・テストに満足

P.ニエト、エストリル・テストに満足

P.ニエト、エストリル・テストに満足

デルビ&ジレラは15日、3日間のエストリル・テストを終了。カーハ・マドリード‐デルビ・レーシングのパブロ・ニエトとニコラス・テロール、メティス・デルビのルーカス・ペセック、メティス・ジレラのマヌエル・ポジャーリの4人が参加して、開発部門から供給された新型パーツなどのテストに取り組んだ。

デルビに復帰したニエトは、「たくさん試すことがあったから、タイムアタックはもう少し先。例えば公式テストの時だ」と振り返った。

「テストは順調だった。初日は強風のために午後3時にテストを切り上げた。2日目も風に悩まされたけど、火曜日にはいいコンディションでテストが進んだ。幾つかのシャーシやエンジンのテストに取り組んだけど、特に僕はサスペンションのセッティングに集中した。デルビに復帰して初めて転んだけど、幸いに大事には至らなかった。とにかく、この3日間はとてもポジティブだった。」

カーハ・マドリード‐デルビ・レーシングは、24日から2日間に空洞実験を行う。

3日間のベストタイム:

パブロ・ニエト: 1分47秒6
ルーカス・ペセック: 1分48秒0
マヌエル・ポジャーリ: 1分48秒3
ニコラス・テロール: 1分49秒5

Tags:
125cc, 2005, Pablo Nieto

Other updates you may be interested in ›