初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

バッタイニ、ブラタV6の完成を切望

バッタイニ、ブラタV6の完成を切望

バッタイニ、ブラタV6の完成を切望

フランコ・バッタイニは、3月のカタルーニャ公式テストでブラタWCMから最高峰クラスにデビューすることを認める一方で、ブラタV6のシェークダウンが未定であることを明かした。

昨年12月、イタリアンライダーはWCMと契約を締結したことを発表。同時に2月からテストを開始することを述べていたが、「チームマネージャーのピーター・クリフォードから、まだ準備ができていない新型マシンについて、テスト開始は3月まで待たなければいけないと連絡があった」とブラタV6のプロトタイプの製作が遅れていることを説明した。

「カタルーニャ公式テストには参加するけど、バラタV6が完成している保証はない。とにかく、その時が僕たちのプレシーズン開始となる。」

「不安?別にこの状況を嫌っているわけではない。これは理解できること。僕はいつもの習慣のようにトレーニングを進め、いつでもテストができるように体調を整えている。1月からテストをスタートしているチームに比べれば、確かに不利な状況だけど、僕の挑戦は同じ。つまり、マシンの開発と同時に僕も新しいクラスに順応して行くんだ。」

ハードトレーニングで有名なバッタイニは、3月6日にイタリア・ピセンサで開催されるマラソンに挑戦。一方で各チームのテスト状況を確認している。「エドワーズはセパンの走り込みで疲れた、という記事を読んだけど、何もしないで疲れるのは最悪だ」と最後はジョークで締め括った。

Tags:
MotoGP, 2005

Other updates you may be interested in ›