初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

チェカ、ドゥカティ&ブリヂストンで速さをアピール

チェカ、ドゥカティ&ブリヂストンで速さをアピール

チェカ、ドゥカティ&ブリヂストンで速さをアピール

カルロス・チェカはフィリップアイランド・テスト2日目で03年にバレンティーノ・ロッシが樹立したサーキットベストラップを更新する1分29秒94をマーク。ヤマハM1からドゥカティGP5への乗り換え、ミシュランタイヤからブリヂストンタイヤへの履き替えが順調に進んでいることをアピールした。

サスペンションのセッティングを中心に、新型シャーシと旧型シャーシを比較しながら80ラップと走り込んだスパニッシュライダーは、昨年の予選タイムを1.45秒、決勝レースのベストタイムを2.14秒上回った。

「今日も僕たちはいい仕事をした。とても満足だ」とチェカは明るい表情を見せた。「今朝はサスペンションのセッティングを幾つか試し、午後からはタイヤテストをした。本当にいい結果だった。」

Tags:
MotoGP, 2005, Carlos Checa

Other updates you may be interested in ›