初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フィリップアイランド合同テスト2日目: ジベルナウが連日のトップタイム

フィリップアイランド合同テスト2日目: ジベルナウが連日のトップタイム

フィリップアイランド合同テスト2日目: ジベルナウが連日のトップタイム

MotoGPの合同テスト2日目は18日、オーストラリアのフィリップアイランド・サーキットで行われ、セテ・ジベルナウが初日に引き続きトップタイムをマークした。

昨年オーストラリアGPでポールポジションを奪取したスパニッシュライダーは、昨年ロリス・カピロッシが記録したサーキトレコードを1.25秒上回るだけでなく、03年にバレンティーノ・ロッシが樹立したポールタイムを非公式ながら0.21秒更新する1分29秒85をマーク。前回のセパン・テストから投入されたばかりの05年型RC211Vは5日間連続してトップタイムをマークするなど、戦闘力の高さを証明している。

「予定していた2日間のプログラムに集中することができた。だから、今日でテストを終了することに決めた」とジベルナウは3日目に予定していたレースシミュレーションを実行できたことに満足の表情を見せた。

「結果はエクセレントだ。使用できる全てのパーツでベストな組み合わせを見つけることができた。午前中は午後のレースシミュレーションに向けてセッティングを煮詰めた。」

「最初から集中して、1分30秒台のリズムをキープして走れたから満足だ。シミュレーションはすごく良かったし、収集したデータで、まだ幾つか改善できることが分かった。アイディアが明白となり、HRCとミシュランのサポートのおかげで適した方向に向って仕事を進めていることにとても満足している。」

初日に転倒を喫したカルロス・チェカも、1分29秒台に突入。M1からデスモセディチGP5への乗り換えだけでなく、ミシュランからブリヂストンへの順応もスムーズに進んでいることをアピールした。

インフルエンザから回復したロッシは、初日のタイムを更新して昨年の予選タイムと同じタイムを記録。ピットレーン出口で小鳥と衝突するアクシデントに見舞われれば、チームメイトのコーリン・エドワーズは昨年の予選タイムを上回った。

セパン・テストでトップタイムをマークした玉田誠は、初日のハードクラッシュで左手、左足、腰などを強度。リスクを負うことを避け、2日目のテストはキャンセルした。3日目のテストは回復次第。

マルコ・メランドリは初日に引き続き、2度目の転倒を喫した。幸い、大きな負傷はなかったが、バイクはダメージを受け、ラスト2時間はテストが続けられなかった。

新カラーリングで登場したスズキ勢のケニー・ロバーツとジョン・ホプキンスは、新しいアンダーノーズを始め、05年型GSV‐Rの着実の進歩に手応えを強調していた。

非公式ラップタイム:

セテ・ジベルナウ (ホンダ): 1分29秒85
カルロス・チェカ (ドゥカティ): 1分29秒94
マックス・ビアッジ (ホンダ): 1分29秒97
バレンティーノ・ロッシ (ヤマハ): 1分30秒22
ニッキー・ヘイデン (ホンダ): 1分30秒43
ロリス・カピロッシ (ドゥカティ): 1分30秒53
コーリン・エドワーズ (ヤマハ): 1分30秒60
アレックス・バロス (ホンダ): 1分30秒65
マルコ・メランドリ (ホンダ): 1分30秒95
トロイ・ベイリス (ホンダ): 1分30秒96
ケニー・ロバーツ (スズキ): 1分30秒98
ルベン・チャウス (ヤマハ): 1分31秒59
ジョン・ホプキンス (スズキ): 1分31秒65
トニ・エリアス (ヤマハ): 1分32秒72

サーキットレコード: 04年 ロリス・カピロッシ 1分31秒102
サーキットベストラップ: 03年 バレンティーノ・ロッシ 1分30秒068

Tags:
MotoGP, 2005

Other updates you may be interested in ›