初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

250cc&125ccクラス合同テスト:葛原、初テスト

250cc&125ccクラス合同テスト:葛原、初テスト

250cc&125ccクラス合同テスト:葛原、初テスト

250ccクラスと125ccクラスに所属するチームが参加しての合同テスト初日は22日、スペインのカタルーニャ・サーキットで行われ、葛原稔久が初テストに挑んだ。

前日の雨の影響により、コースがハーフウェット状態だったことから、各チームは正午過ぎからテストを開始。250ccクラスでは、アプリリア系4チームが登場。MSアプリリア・イタリア・コルセのアレックス・デ・アンジェリスとシモーネ・コルシ、AACレプソル・アスパルのランディ・ド・プニエ、キーファー・レーシングのディーク・ハイドルフの4人が参加。ド・プニエの同僚セバスチャン・ポルトは母国アルゼンチンに帰国中のために不在だった。

125ccクラスでは、レッドブルKTMが初めて3人のライダーが顔を揃えた。前回のバレンシア・テストでは鎖骨骨折のために欠場していたフリアン・シモンが、ミカ・カリオとガボール・タルマクシとともにテスとをスタート。エンジントラブルに見舞われたが、3年目3台目(マラグーティ、ホンダ、KTM)ながら、スムーズな乗り換えを見せていた。

アプリリア系では、キーファー・レーシングのサンドロ・コルテーゼ、アブルッソのアンドレア・バレリーニとアンドレア・イアンノーネ、サンプリッチのダリオ・ギウセペッティとカレル・アブラハムに、ホンダ系のアンガイア・レーシングに所属する葛原稔久とフェデェリコ・サンディが参加した。

Tags:
250cc, 2005

Other updates you may be interested in ›