初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ブラタ&WCM、開幕戦にV6投入へ

ブラタ&WCM、開幕戦にV6投入へ

ブラタ&WCM、開幕戦にV6投入へ

ブラタ&WCMは、新シーズンの開幕戦スペインGPにブラタV6を投入することを発表した。

開幕戦まで7週間。チェコのブラタ工場でMotoGPマシンの開発が進む中、プロジェクトリーダーのパベル・ブラタは、「プロジェクトの進展は、昨年8月に計画したプロセス期間の範囲内です。2台のプロトタイプはヘレスに並びます」と説明した。

「現在、重量配分やフレーム、ギアなどの分析など、研究と分析が終了しました。バイクの60%以上のパーツは私たちが製作します。」

「設計と製作は予定以上に時間が必要でしたが、準備が整いました。」

「エンジンの組み立てに関しては順調に進み、3月10日からはベンチテストを始めます。バイクは3月15日に完成します。空力を考慮した最終的なシャーシが使用できるでしょう。」

「昨年8月、チェコGPの際にブラタV6のプロジェクトを発表して以来、当初の設計から幾つかのことをモデルチェンジしました。大きなモデルチェンジはフレーム(デルタボックス)とアルミ製のリアスイングアーム。大きくデザインが変更します。」

Tags:
MotoGP, 2005

Other updates you may be interested in ›