初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

小山知良、好発進!

小山知良、好発進!

小山知良、好発進!

世世界舞台に初挑戦する小山知良は、19日から2日間スペインのカタルヘーナ・サーキットで初テストを実施。ホンダへの乗り換えがスムーズに行き、初のフル参戦に向けて、幸先のいいスタートを切った。

テスト前の12日には所属するアジョ・モータースポーツのワークショプを訪問。体験したことのない氷点下の中でアイスバイクに初挑戦した。「フィンランドのヘルシンキ空港から1時間ぐらいのところにあるチームのワークショプに行き、スタッフと顔合わせをしました。そこで、マイナス20度の中でスパイクタイヤを履いたアイスバイクを初体験。ストレートでは時速170キロに達して、ツナギの上にジャケットを着ましたが、パンツは持っていなかったので、風が入り込み、顔は切れそうなほど寒かったですが、すごく面白かったです。」

「初テストはスペインのカルタヘーナ。天候に見舞われて、2日目には21度まで気温が上昇しましたが、体調はバッチリ。問題ないです」と小山は元気に話す。「ホンダに乗ったのは、ノービス以来の2度目。すごく乗りやすく、僕のライディングスタイルにマッチしています。」

「チームとのコミュニケーションも上手く行っています。スタッフは分かりやすい英語の話してくれることもあり、予想以上に仕上がって、2日目にはサーキットのベストタイムにコンマ2秒のところまで近づきました。かなりいい状態で、こんなに上手く乗り換えができるとは思ってもいなかったです。次ぎのヘレスに向けて、上々のテストでした。」

小山は23日から3日間、ヘレスで行われる合同テストに参加。テスト終了後、一旦日本に帰国してから、3月15日からのカタルーニャ公式テストに参加する。

Tags:
125cc, 2005

Other updates you may be interested in ›