初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

バレンシア合同テスト: 中野&カワサキ、ビックバンに手応え

バレンシア合同テスト: 中野&カワサキ、ビックバンに手応え

バレンシア合同テスト: 中野&カワサキ、ビックバンに手応え

カワサキとプロトンKRの合同テスト2日目最終日は8日、スペイン・バレンシアのリカルド・トルモ・サーキットで行われた。

2日間連続して晴天に恵まれたが、気温が低く、テストは路面温度が上昇した昼近くからスタート。中野真矢とシェーン・バインは、それぞれ新型バイクのテストに取り組んだ。

カワサキから唯一参加している中野は、1ヶ月後に迫った開幕戦に向けて、昼休みを取らずに意欲的に新型エンジンのテストに専念すると、午後には連続10ラップ走行を2セット取り組んだ。

「ビックバンのエンジンはとてもいいです。セパンからヘレス、そして今回のバレンシアとすごく良く走り、順調に開発が進んでいます。もう、エンジニアたちには開幕戦に使用する意向を伝えてあります。連続10ラップの走行では、ブリヂストンタイヤもいいレスポンスを発揮してくれました。満足して、バレンシアを後に出来ます」と中野は手応えを強調した。

初日にKTM製エンジンを搭載したプロトンのオリジナルマシンを初テストしたバインは、3コーナーで転倒。バイクが炎上したことから、その後はテストを見合わせた。

チーム発表ラップタイム:

中野真矢 (カワサキ): 1分34秒5 (73ラップ)
シェーン・バイン (プロトンKR): 1分36秒1 (35ラップ)

サーキットベストラップ: 03年バレンティーノ・ロッシ 1分32秒473
サーキットレコードラップ: 03年バレンティーノ・ロッシ 1分33秒317

Tags:
MotoGP, 2005

Other updates you may be interested in ›