初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

中野真矢:「開幕戦からビックバンで!」

中野真矢:「開幕戦からビックバンで!」

中野真矢:「開幕戦からビックバンで!」

中野真矢は昨シーズンの日本GPで、カワサキに世界舞台復帰後初の表彰台をもたらしただけでなく、続くマレーシアGPではフロントローを獲得。ライバルメーカーに着実に接近していることを証明した。

さらなる進歩を目指すカワサキは、新シーズンに向けて新型エンジンを開発。1月末のセパン・テストで初めて‘ビックバン'を投入すると、テスト会場を欧州に移して、ヘレスとバレンシアでテストを実行した。

「2日間のバレンシア・テストは、コンディションはあまり良くなかったですが、引き続きビックバン・エンジンのセッティングを進めました」と中野は今年3度目のテストを振り返った。

「マレーシア、ヘレスと良くて、ここはショートコースですが、ここでもいいところが分かったので、この方向で開発を進めて行きたいです。カワサキには、開幕からこのエンジンで行きたいと、リクエストしています。」

中野は16日のバレンシア・テストと18日からのカタルーニャ公式テストに向けて、欧州の拠点バルセロナでフィジカルトレーニングに取り組む一方、先日は友人たちと一緒に、冬の時期限定のカタルーニャ料理『カルソッツ(ねぎの一種)』を堪能していた。

Tags:
MotoGP, 2005

Other updates you may be interested in ›