初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

カタルーニャ公式テスト:15日から125ccクラスがスタート

カタルーニャ公式テスト:15日から125ccクラスがスタート

カタルーニャ公式テスト:15日から125ccクラスがスタート

05年シーズンを1ヵ月後に控え、恒例のカタルーニャ公式テストが15日から6日間、スペイン・バルセロナ郊外のカタルーニャ・サーキットで開催される。

先陣を切ってテストを実施するのは、125ccクラス。04年王者アンドレア・ドビツィオーソを筆頭に上位5位を占めたライダーたちが、250ccクラスにスイッチしたこともあり、タイトル争いは例年以上に混戦が予想される。

250ccクラスにスイッチしたライダーがいれば、その反対に125ccクラスに復帰したライダーもいるのが新シーズンの特徴。その代表的なライダーに挙げられるのは、01年王者のマヌエル・ポジャーリ。初シーズンにタイトルを獲得し、順風満帆に見えたキャリアだったが、昨シーズンはタイトル争いに一度も加わることなく、ランク9位に低迷。3度目の世界タイトルに向けて、古巣ジレラへの復帰を決意した。

昨シーズンはランク6位を獲得。残留組ではトップのリザルトだったパブロ・ニエトは、世界デビューを果たしたデルビに復帰。戦闘力が高まっているスパニッシュマシンで、虎視眈々と初タイトル獲得を狙っている。

参戦3年目を迎えるKTMは、ミカ・カリオ、ガボール・タルマクシ、フリアン・シモンの3人を起用。飛躍のシーズンに向けて、デルビ同様に3人体制を整備した。

多くのファクトリーマシンを投入するアプリリア勢では、昨シーズンの新人王マティア・パシーニが、テストからそのポテンシャルを証明。250ccクラスからスイッチするジョアン・オリベとエクトル・ファウベル、昨シーズンのスペインGPを制したマルコ・シモンセリらが、上位進出を目指す。

ホンダ3連覇のミッションに挑むのは、アルバロ・バウティスタとファブリツィオ・ライ。両雄ともホンダへの乗り換えとなるが、テストでは順応性の高さを見せていた。そして、注目は新人アレックス・エスパルガロ。近年多くのライダーを輩出しているスペイン選手権を若干15歳で制覇した。

2年ぶりに2人が揃う日本勢。初のフル参戦に挑む小山知良と葛原稔久は、公式テスト前にそれぞれ2度のテストを実施。その存在を世界にアピールしたいところだ。

Tags:
125cc, 2005

Other updates you may be interested in ›