初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

カタルーニャ公式テスト: MotoGPクラスプレビュー

カタルーニャ公式テスト: MotoGPクラスプレビュー

カタルーニャ公式テスト: MotoGPクラスプレビュー

05年シーズン開幕まで1ヶ月に迫ったチャンピオンシップ。毎年恒例のカタルーニャ公式テストは、125ccクラスが先陣を切って16日からスタート。最高峰クラスは18日から3日間、スペイン・バルセロナ郊外のカタルーニャ・サーキットで行われる。

冬の市場でライダーの移籍が行われたが、新シーズン最大の焦点は、バレンティーノ・ロッシのタイトル防衛。ヤマハのファクトリーチーム、ゴロワーズ・ヤマハは王者のパートナーに、01年鈴鹿8耐でペアを組んだコーリン・エドワーズを抜擢。今年に入ってから、セパンとフィリップアイランドで、それぞれ2度のテストに取り組み、05年型M1の戦闘力を高めてきた。

ホンダ勢は、05年型RC211Vを投入するだけでなく、7人体制を結成。ファクトリーチーム、レプソル・ホンダはマックス・ビアッジをエースとして起用するだけでなく、アーブ・カネモトを招集してサポート体制を整え、ニッキー・ヘイデンと共にタイトル奪回に挑む。

2年連続してランク2位を獲得したセテ・ジベルナウは、HRCのサポートを受けて、再びタイトル獲得に挑戦すれば、ヤマハから移籍してきたマルコ・メランドリは、3月上旬のカタール・テストで好パフォーマンスを披露。虎視眈々と上位進出を狙っている。

MotoGPにチームカラー同様に鮮やかな旋風の予感を感じさせるのは、新チーム、コニカミノルタ・ホンダ。昨シーズン2勝を挙げただけでなく、ポールポジションも獲得するなど、高いポテンシャルを証明した玉田誠は、タイヤをブリヂストンからミシュランに変更。意欲的な走り込みで、セパン・テストでトップタイムをマーク。フィリップアイランド・テストでは大クラッシュを喫したが、先日のカタール・テストでも高いパフォーマンスを見せ、タイトルを狙うライバルたちに、その存在感を強烈にアピールしていた。

昨シーズンの不振を払拭したいドゥカティは、タイヤをミシュランからブリヂストンに変更。さらに、トロイ・ベイリスに代わって、カルロス・チェカを起用するなど、参戦3年目に向けて、新しい体制を整備すれば、サテライトチームのダンティーン・ドゥカティは、ロベルト・ロルフォが04年型デスモセディチ&ダンロップでルーキーシーズンに臨む。

体制がラジカル的に一新したのは、フォルトゥナ・ヤマハ。ルーキーシーズンにドゥカティを走らせていたルベン・チャウスと250ccクラスを代表するトニ・エリアスを起用。近年躍進するスパニッシュカラーを強めて、新シーズンに挑戦する。

一方で、スズキはケニー・ロバーツ&ジョン・ホプキンス、カワサキは中野真矢&アレックス・ホフマンと体制を継続。その中でライムグリーンのマシンを駆ける中野は、新エンジン‘ビックバン'のエンジン開発に専念。セパン、ヘレス、バレンシアと順調にテストが進んでいることを強調していた。

チーム・ロバーツは先週、バレンシアで初テストを敢行。シェーン・バインが、KTMエンジンとミシュランタイヤを搭載したオリジナルマシンで参戦する。

昨年夏、WCMはチェコのミニバイクメーカーであるバラタとパートナーシップを形成することを発表。V6エンジンを搭載するプロトタイプは現在開発中であることから、今回の公式テストでは昨年のハリスWCMで参加。来週のヘレス公式テストから、ジェームス・エリソンとフランコ・バッタイニがニューマシンをシェイクダウンをする予定となっている。

スケジュールは次ぎの通り。

3月18日(金)
10:00 ~ 18:00 : MotoGP – フリー走行1

3月19日(土)
10:00 ~ 18:00 : MotoGP – フリー走行2

3月20日(日)
10:00 ~ 13:00 : MotoGP – フリー走行3
14:05 ~ 14:45 : MotoGP – 公式タイムセッション
14:45 ~ 15:00 : BMWアワーズ授賞式
15:15 ~ 18:00 : MotoGP – フリー走行4

Tags:
MotoGP, 2005

Other updates you may be interested in ›