初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

中野真矢:「初日としていいテストでした」

中野真矢:「初日としていいテストでした」

中野真矢:「初日としていいテストでした」

3週間に迫った開幕戦スペインGPを前に、カタルーニャ公式テストは18日、スペイン・バルセロナ郊外のカタルーニャ・サーキットでスタート。バルセロナに活動の拠点を構える中野真矢は、第2の地元とも言えるサーキットで、2タイプのビックバンエンジンをテストした。

「1月末にセパンでビックバンを初テストした時より、低速域が良くなっています。扱いやすく、トラクションも良くなり、路面にパワーが伝わりやすくなってきました。これからは、全体的にパワーアップを図りたいです」と振り返った中野は、1分44秒325をマークした。

「2日前のバレンシアで初めてテストした仕様の異なるエンジンは、体感的に速いですが、まだコントロールし難いですが、明日、明後日と両方のエンジンを比較しながらテストを進め、どちらを選ぶか決めたいです。来週のヘレスでは、その決めたエンジンのテストに専念して、開幕戦に臨むつもりです。」

「ラップタイムは昨年よりいいです。目標は42秒台ですが、初日としては、いいテストでした。明日以降がとても楽しみです。」

Tags:
MotoGP, 2005

Other updates you may be interested in ›