初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ジベルナウ、公式セッション制覇!

ジベルナウ、公式セッション制覇!

ジベルナウ、公式セッション制覇!

カタルーニャ公式テストの最終日は20日、40分間の公式予選『BWMアワーズ』が開催され、地元セテ・ジベルナウが圧倒的な速さでセッションを制覇。新型BMW・1シリーズを獲得した。

気温23度。路面温度33度のコンディションの中、セッション序盤からトップに立ったジベルナウは、ラスト10分前に1分42秒台を突破。昨年の覇者バレンティーノ・ロッシに0.419秒差と突き放した。

「このプレミアムは、サーキットに駆けつけた多くのファンにとって重要だ。僕にグレートなサポートをしてくれたからだ。彼らがエンジョイすることが大切なんだ。」

「僕たちはこの週末、いい仕事をすることが目標だった。耐久性の仕事に取り組んだし、このセッションの最後に(予選用)タイヤを装着して、いいタイムが出た。順調にテストが進んでいるから満足。HRCとミシュラン、そしてチームに感謝したい。」

ニッキー・ヘイデンは、ラストアタックで3位に浮上。マルコ・メランドリ、玉田誠とホンダ勢続けば、ブリヂストンタイヤを装着するスズキのジョン・ホプキンスが6位に入った。

2日間連続のトップタイムをマークしたマックス・ビアッジは、ラストアタック寸前にインジェクションのトラブルが発生。カルロス・チェカは2日目の転倒で左肩を痛めたために、走行を見合わせた。

公式ラップタイム:
1. セテ・ジベルナウ (テレフォニカ・モビスタ・ホンダ): 1分41秒851
2. バレンティーノ・ロッシ (ゴロワーズ・ヤマハ): 1分42秒270
3. ニッキー・ヘイデン (レプソル・モビスタ・ホンダ): 1分42秒507
4. マルコ・メランドリ (テレフォニカ・モビスタ・ホンダ): 1分42秒797
5. 玉田 誠 (コニカミノルタ・ホンダ): 1分43秒823
11. 中野 真矢 (カワサキ・レーシング): 1分43秒661

Tags:
MotoGP, 2005

Other updates you may be interested in ›