Tickets purchase
VideoPass purchase

モリワキ&宇川が初始動

モリワキ&宇川が初始動

モリワキ&宇川が初始動

モリワキレーシングは、今年初めてMotoGPテストを鈴鹿サーキットで行い、先日鈴鹿ファン感謝デーの際に開発ライダーとして起用すること発表した宇川徹が、初めてMD211VFをライドした。

05年シーズンに2戦のワイルドカード参戦を目指すモリワキレーシングは、タイヤをダンロップからミシュランに変更。ウェットコンディションの中、05年型マシンのシェイクダウンが行われた。

ホンダRC211VのV型5気筒エンジンだけでなく、ミシュランタイヤの特性を把握している宇川は、「生憎の雨で、予定していた周回をこなすことができませんでしたが、ただシェイクダウンなので、無理せずにマシンの状態を見ることに徹しました。次のテストも、すぐに予定されているので、そこでは是非ドライで走らせたいです」と初テストを振り返った。

モリワキレーシングは、2度目のテストを4月11日にツインリンクもてぎで予定している。

Tags:
MotoGP, 2005

Other updates you may be interested in ›