初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

青木宣篤、テストライダーとして公式テスト参加

青木宣篤、テストライダーとして公式テスト参加

青木宣篤、テストライダーとして公式テスト参加

00年まで所属していた古巣のスズキにテストライダーとして復帰した青木宣篤は、3日間のカタルーニャ公式テストに参加。今回から05年エンジンを搭載されたマシンでテストを行った。

「今回は、ブリヂストンタイヤとエンジンのソフトウェアのテストがメインでしたが、3日間でエンジンが2度壊れ、シャーシにも問題があったので、あまり走れなかったです」と振り返った青木は、初日こそ66ラップほど周回したが、その後は45ラップ、20ラップとピットボックスに待機する時間が増した。

ブリヂストン5年計画の1年目に開発ライダーを務めた青木は、再びタイヤテストに取り組んで行く。

「遥かに良くなっています。ただ、今回は路面が張り替えたばかりだったので、ギャップは非常に少なくなっていますが、グリップは悪いです。ラバーが載りきっていないので全然グリップしません。BSにしては、あまりいいテストにはならなかったと思います。」

「今週末にヘレス公式テストに参加した後、開幕戦スペインGPの最中にル・マンでテストをします。その後に関しては未定ですが、ヨーロッパを中心にテストを進め、ムジェロとブルノの2戦にワイルドカードで参戦するように申請しています。」

Tags:
MotoGP, 2005

Other updates you may be interested in ›