初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ヘレス公式テスト: プレビュー

ヘレス公式テスト: プレビュー

ヘレス公式テスト: プレビュー

2週間後の05年シーズン開幕戦スペインGP(決勝レース4月10日)を直前に控え、先週のカタルーニャ公式テストに続き、今年2度目、最後の公式テストが、スペイン南部のヘレス・サーキットで25日から3日間の予定で実施される。

カタルーニャ公式テストの最終日に行われた公式セッションを制したセテ・ジベルナウは、昨年ハードウェットの攻防を制した舞台で、再びライバルたちの追撃を抑えられるかが1つの焦点となる。

ホンダのファクトリーチームに招聘されたマックス・ビアッジは、カタルーニャ公式テストでは、その期待に応えるように、2日間連続トップタイムをマークしていたが、最終日、路面に撒かれたオイルに乗って転倒。その直後の公式セッションでは、最後のタイムアタック直前にマシントラブルに見舞われてしまった。しかし、全体的なテスト内容に手応えを得ていたイタリアンは、3日間のテストでどこまで仕上げられるのか、注目される。

カタルーニャ公式テストではホンダ勢が上位を独占した中、王者バレンティーノ・ロッシは3番手を確保。『BMWアワード』の連覇は逃したが、「以前のように楽しく乗れるようになった」と05年型M1が、シーズンインに向けて、順調に仕上がっていることを強調していた。

3日間のセッションで常に上位をキープしていた玉田誠は、昨年11月にヘレス・サーキットで、ミシュランを初テスト。前回あまり変更しなかったマシンのセッティングを振りながら、方向性を決定して行く。

カタルーニャ公式テストで仕様違いの2台のエンジンを比較テストしたカワサキの中野真矢は、2月一度ヘレスで、‘ビックバン'をテスト済み。問題のエンジンブレーキと中速域の改善に取り組んでいく。

また、青木宣篤(スズキ)と伊藤真一(ドゥカティ&ブリヂストン)、清水和樹(カワサキ)ら、テストライダーもテストに参加。それぞれの開発に取り組み、ファクトリーチームをサポートする。

Tags:
MotoGP, 2005

Other updates you may be interested in ›