初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ヘレス公式テスト2日目: 中野真矢がセッション制覇

ヘレス公式テスト2日目: 中野真矢がセッション制覇

ヘレス公式テスト2日目: 中野真矢がセッション制覇

ヘレス公式テスト2日目は26日、ヘレス・サーキットで行われ、中野真矢がトップタイムをマーク。初日のジョン・ホプキンスに引き続き、スズキとカワサキがホンダ、ヤマハを抑えた。

気温21度。路面温度25度。予報通りに雨が降ったヘレス地方は、昼頃まで雨が降ったが、これまでドライコンディションのみでテストしてきたライダーにとっては、絶好のレインテストとなった。「05年型マシンで、一度もウェットの中で走ったことがなかったから、今日の雨は僕たちにとっては貴重だった。もちろん、シーズン中にはウェットレースになる場合もあるから、絶好の準備機会となった」と王者バレンティーノ・ロッシは振り返った。

セッション終わり1時間前には、完全ドライコンディションに回復。ケニー・ロバーツがウェットコンディションでトップタイムをマークしていたが、カワサキ勢が一気に上位に進出。中野が1分42秒112でセッションを制覇すれば、アレックス・ホフマンが6番手に入った。

「一番になれて気分がいいです。今日のコンディションは良くなかったですが、ウェットの中でたくさん周回しました」と中野は説明する。「ブリヂストンタイヤはこのサーキットのドライコンディションにすごく合っています。新しいエンジン‘ビックバン'も開発が進んでいます。」

ニッキー・ヘイデンは初日に続き2番手をキープ。カタルーニャ公式テストを制したセテ・ジベルナウ、初日トップのジョン・ホプキンス、好調マルコ・メランドリがトップ5入り。ロッシは7番手。マックス・ビアッジと玉田誠は、それぞれ12番手と21番手だった。

ヘレス公式テストは明日27日が最終日。MotoGPチームは、2週間後の開幕戦スペインGPのために、再び同舞台に集結する。

ヘレス・サーキット発表ラップタイム:

1. 中野真矢 (カワサキ): 1分42秒112
2. ニッキー・ヘイデン (ホンダ): 1分42秒139
3. セテ・ジベルナウ (ホンダ): 1分42秒278
4. ジョン・ホプキンス (スズキ): 1分42秒359
5. マルコ・メランドリ (ホンダ): 1分42秒573
7. バレンティーノ・ロッシ (ヤマハ): 1分42秒710
16. 青木宣篤 (スズキ): 1分44秒885
21. 玉田誠 (ホンダ): 1分56秒617

04年ポールポジション: バレンティーノ・ロッシ 1分40秒818
サーキットベストラップ: 04年 バレンティーノ・ロッシ 1分40秒818
サーキットレコード: 03年 バレンティーノ・ロッシ 1分42秒788

Tags:
MotoGP, 2005

Other updates you may be interested in ›