初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

MotoGPクラス、世界最高峰のレベルをキープ

MotoGPクラス、世界最高峰のレベルをキープ

MotoGPクラス、世界最高峰のレベルをキープ

MotoGP世界選手権は4月10日に開幕戦の決勝レースを迎え、世界最高峰のロードレースに相応しく、世界を代表する20人のライダーたちが、現王者バレンティーノ・ロッシのタイトル防衛阻止に挑戦する。

新シーズンにエントリーする20人の中、4人がフル参戦ライダーとしてデビューする。

トニ・エリアス (フォルトゥナ・ヤマハ): スペイン出身/83年3月26日生まれ。通算83戦中9勝(250cc×7勝、125cc×2勝)。

ロベルト・ロルフォ (ダンティーン・ドゥカティ): イタリア出身/80年3月23日生まれ。03年250ccクラスでランク2位獲得。通算103戦中3勝。

フランコ・バッタイニ (バラタWCM): イタリア出身/72年7月22日生まれ。250ccクラスで通算122戦。

ジェームス・エリソン (バラタWCM): イギリス出身/80年9月17日生まれ。03年に世界耐久選手権を制覇。

また、MotoGPクラスは文字通り、7人の世界王者が参戦するだけでなく、スーパーバイク世界選手権やスーパースポーツ世界選手権で優勝を果たした16人のライダーたちが、スターティンググリッドに登場する。

世界タイトル獲得者

バレンティーノ・ロッシ: MotoGP/500cc(4回)、250cc、125cc
マックス・ビアッジ: 250cc(4回)
ロリス・カピロッシ: 250cc、125cc(2回)
ケニー・ロバーツ: 500cc
コーリン・エドワーズ: WSB(2回)
トロイ・ベイリス: WSB
マルコ・メランドリ: 250cc

Tags:
MotoGP, 2005, GRAN PREMIO MARLBORO DE ESPAÑA

Other updates you may be interested in ›