初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

エドワーズ、3年目3メーカー目のシーズンへ

エドワーズ、3年目3メーカー目のシーズンへ

エドワーズ、3年目3メーカー目のシーズンへ

元スーパーバイク世界選手権王者のコーリン・エドワーズは今週末、最高峰クラス3年目のシーズンを迎える。アプリリア、ホンダを経て、キャリア初勝利(92年AMA250ccクラス)を飾った古巣のヤマハに復帰。この冬はタイヤテストのスペシャリストとして、ミシュランタイヤの開発に精力的に取り組んだ。

「プレシーズン終盤の進歩はすごく良かった。ヘレスではいいタイヤテストができた」と、振り返ったエドワーズは8番目のラップタイムを記録していた。

「開幕戦と同じ舞台でテストできたことは、すごく有効的だ。いいセッティングに仕上げることができた。金曜の初セッションから、テストのレベルからスタートできることを願っている。昨年は雨で、全くいいところがなかったけど、ウェットコンディションでもいいテストができた。どんな気象状況でも対応できる準備が整って言える。」

ヘレスでは、一昨年は14位。昨年は7位のリザルトを残している。「初めて参戦して以来、このサーキットを気に入っているけど、あまり運がなかった。今年はヤマハで心機一転して臨みたい。」

「ヘレスでいい走りができる自信がある。表彰台の一番高いところに登らないと満足できないだろう。いい感じでシーズンの開幕を迎えるし、緒戦からタイトル争いをしたい。」

Tags:
MotoGP, 2005, GRAN PREMIO MARLBORO DE ESPAÑA, Colin Edwards

Other updates you may be interested in ›