初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ドゥカティ、ベストコンディションで開幕戦を迎える

ドゥカティ、ベストコンディションで開幕戦を迎える

ドゥカティ、ベストコンディションで開幕戦を迎える

ドゥカティのファクトリーチーム、ドゥカティ・マールボロは5ヶ月間のプレシーズンを終え、明白なアイディアを持って、05年シーズンの開幕戦を迎える。

「大好きなサーキットだけど、正直、あまり幸運に恵まれていない」と、16年目を迎えるロリス・カピロッシは、最高峰クラスではまだ一度も表彰台を獲得していない。「ライダーにとっては、とても面白いコースレイアウト。高速コーナーが多く、起伏もあるけど、ヘレスで最高なのは何と言っても観衆だ。レースに溶け込んでいるし、あの声援がたまらない。開幕戦の舞台がヘレスなのは本当に楽しみだ。」

「この冬はずっとハードにテストを重ねてきた。バイクは昨年の前半戦と比較すれば、すごく良くなっている。特にバランス面が向上した。そして、ブリヂストンは本当に素晴らしい仕事をした。2週間前のヘレスで、予選用タイヤをテスト。エクセレントだ。レース用タイヤも同様だ。」

イタリアンファクトリーから地元ファンの前でデビューするカルロス・チェカは、カタルーニャ公式テストで負傷した右肩も完治。高いモチベーションと大きな期待感を抱き、金曜の初セッションから全開で行くことを強調した。

「バレンシア、ヘレス、セパン、フィリップアイランドでいい仕事ができたが、ロサイリとバルセロナでは満足行く内容ではなかった。全体的にはバイクはいいレベルにあるけど、優勝争いするにはもう少し必要なことがある。特に低速コーナーを戦略するために、もう少しシャーシの開発が必要だが、ドゥカティは幾つかのアイディアを持っている。緒戦はスペイン。僕にとって、僕のドゥカティ初レースにとって、ビックなウィークエンドだ。」

Tags:
MotoGP, 2005, GRAN PREMIO MARLBORO DE ESPAÑA, Ducati Marlboro Team

Other updates you may be interested in ›