初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

高橋裕紀:「予選、決勝とも、トップ6が目標」

高橋裕紀:「予選、決勝とも、トップ6が目標」

高橋裕紀:「予選、決勝とも、トップ6が目標」

現全日本GP250王者の高橋裕紀が、世界舞台でフル参戦デビューする。

今年1月から、現125ccクラス王者のアンドレア・ドビツィオーソと共に意欲的にテストに取り組んできた高橋は、2週間前にヘレス公式テスト終了後、引越しやチーム発表会など、多忙なスケジュールに追われ、念願のデビュー戦をいつものレースのように迎えようとしている。

「ヘレス公式テストの後、ようやくアパートに引越しできました。ただ、まだ電話がないので、日本との連絡が取れないが辛いですが、生活のベースが落ち着いたのは、良かったです。」

「水曜にヘレスに入りましたが、それまでバタバタしていたので、緊張している暇もなく、特に神経質にもなっていません。意外に普通の感じで開幕戦を迎えます。」

高橋自身のデビューを前に、弟・江紀が全日本GP250で開幕戦デビューウインを飾る吉報が届いたが、気持ちだけは先行せず、慌てずに取り組んで行くことを強調。そして、目標は6位以内にフィニッシュすることを打ち明けた。

「ヘレスは2度テストしているので、気持ち的に楽です。先日のテストでは総合で10位といい感じです。カタルーニャ公式テストの時は、初めてのコースで、思っていたような走りができなかったので、開幕戦が全く知らないコースではないのは、本当に良かったです。」

「周囲からはトップ10入りと言われていますが、予選、決勝とも、トップ6が目標です。将来MotoGPチャンピオンを狙うためには、常に目標を少しでも上に設定します。」

Tags:
250cc, 2005, GRAN PREMIO MARLBORO DE ESPAÑA

Other updates you may be interested in ›