初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ジベルナウが初日を制覇

ジベルナウが初日を制覇

ジベルナウが初日を制覇

05年シーズンの開幕戦スペインGP初日は8日、スペイン南部のヘレス・サーキットで行われ、地元セテ・ジベルナウが2回のフリー走行で連続トップタイムをマーク。2年連続ランク2位から初のタイトル奪取へ向けて、最高のスタートを切った。

スパニッシュライダーは午前中のフリー走行1で、昨年バレンティーノ・ロッシが樹立したベストラップを更新する1分40秒800を叩き出すと、午後のフリー走行2でも1分40秒801を記録。明日の午後に行われる公式予選と日曜の決勝レースに向けて、安定した速さを見せた。

開幕戦5連覇を狙う王者ロッシは、午前中に1分40秒台をマークすれば、2週間前のヘレス公式テストで快走を見せたヤングライダーたちが、再び好パフォーマンスを披露。ヘレス公式テストを制したニッキー・ヘイデンに次ぎ、ジョン・ホプキンスとマルコ・メランドリが4番手、5番手と続いた。

中野真矢は、2週間前の公式テストだけでなく、昨年のベストタイムを更新。マックス・ビアッジに次ぐ7番手に入り、カワサキが投入した新型エンジンとブリヂストンの戦闘力の高さを証明した。

ヤマハに移籍したコーリン・エドワーズ、ドゥカティのロリス・カピロッシ、古巣に戻ったアレックス・バロスがトップ10入りすれば、玉田誠は初日12番手だった。

Tags:
MotoGP, 2005, GRAN PREMIO MARLBORO DE ESPAÑA, FP2

Other updates you may be interested in ›