初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ペドロサ、逆転で暫定PP奪取

ペドロサ、逆転で暫定PP奪取

ペドロサ、逆転で暫定PP奪取

05年シーズン開幕戦スペインGPの公式予選1日目は8日、ヘレス・サーキットで行われ、王者ダニ・ペドロサが逆転で初セッションを制覇。暫定ポールポジションを奪取した。

気温20度。路面温度27度のドライコンディヨンの中、地元ペドロサはラストアタックでセッションをリードしていた昨年のポールシッター、セバスチャン・ポルトを筆頭とするアプリリア勢を逆転。ベストラップを大きく更新する1分43秒025をマークし、初のヘレス制覇に向けて、幸先のいいスタートを切った。

ポルトに次いで3番手に入ったのは、3年ぶりに中量級に復帰したケーシー・ストーナー。暫定フロントローの最後の座を確保したランディ・ド・プニエまでが、昨年ポルトが樹立したベストラップを上回った。

暫定2列目には青山博一、エクトル・バルベラ、アレックス・デ・アンジェリス、ホルヘ・ロレンソら、ヤングライダーたちが並び、現125ccクラス王者のアンドレア・ドビツィオーソは10番手。全日本王者の高橋裕紀は12番手だった。

Tags:
250cc, 2005, GRAN PREMIO MARLBORO DE ESPAÑA, QP1

Other updates you may be interested in ›