初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

シモンセリが初セッション制覇

シモンセリが初セッション制覇

シモンセリが初セッション制覇

05年シーズンの開幕戦スペインGPの公式予選1日目は8日、ヘレス・サーキットで行われ、マルコ・シモンセリが初セッションを制覇。暫定ポールポジションを奪取した。

気温29度。路面温度33度の曇り空の下、4人のワイルドカードを含め40人が今年初の公式セッションに参加。昨年ポール・トゥ・ウインを決めたシモンセリが、ラストラップに唯一の1分50秒台を突破する1分49秒996をマーク。04年新人王のマティア・パシーニに0.401秒差と引き離した。

ウインターテストから速さを見せるトーマス・ルティとミカ・カリオが暫定フロントローを確保すれば、ファブリツィオ・ライ、ガボール・タルマクシが続いた。

250ccクラスからの転向組では、エクトル・ファウベルが7番手。01年王者マヌエル・ポジャーリは9番手だった。

17人のルーキーの中では、ラファエル・デ・ロサが8番手と躍進すれば、小山知良は15番手。葛原稔久はトップから3.478秒差の25番手だった。

Tags:
125cc, 2005, GRAN PREMIO MARLBORO DE ESPAÑA, QP1

Other updates you may be interested in ›