初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

シモンセリがトップをキープ

シモンセリがトップをキープ

シモンセリがトップをキープ

開幕戦スペインGPの予選2日目は9日、ヘレス・サーキットで行われ、昨年ポール・トゥ・ウインを決めたマルコ・シモンセリが、キャリア2度目のトップグリッドを奪取した。

気温16度。路面温度24度のドライコンディションの中、18歳のイタリアンライダーはセッション序盤にクラッシュ。しかし、上位陣が揃って初日のタイムを更新できず、暫定ポールタイムでポールポジションを確保した。

昨年の新人王マティア・パシーニと4年目のトーマス・ルティが2位と3位に入り、それぞれ自己最高位を獲得すれば、初日5位だったファブリツィオ・ライも、初のフロントローを奪取した。

2列目にはKTM勢のミッカ・カリオとガボール・タルマクシに、250ccクラスからの転向して来たエクトル・ファウベル、新人ラファエレ・デ・ロサが並んだ。

日本勢では、小山知良が初日より0.676秒短縮。01年王者マヌエル・ポジャーリを交わして、15位から10位へとポジションアップに成功すれば、葛原稔久も2つ順位を上げて、明日は23番グリッドから決勝レースを迎える。

Tags:
125cc, 2005, GRAN PREMIO MARLBORO DE ESPAÑA, QP2

Other updates you may be interested in ›