初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

中野真矢:「悪くなかった結果です」

中野真矢:「悪くなかった結果です」

中野真矢:「悪くなかった結果です」

開幕戦予選5位、決勝レース5位の好スタートを切った中野真矢は、第2戦ポルトガルGPでもカワサキが今年初めから開発を進めている新型エンジンのポテンシャルを証明するパフォーマンスを披露。昨年より確実に改善していることを強調した。

「スタートはまあまあ。予選と同じぐらいの順位で走っていましたが、周りのペースが上がって、着いて行くのが難しく、少し遅れ始めた頃に、雨が降って来ました」とレースを振り返った中野は、昨年の12番グリッドを上回る10番グリッドからスタート。レース開始直後に雨が降り始め、困難なコンディションの中、高い集中力を維持して、目標であるトップ8入りを果たした。

「中盤から後半は、ずっと小雨が降り、難しいコンディションでした。特に何周かは、1コーナー、2コーナーで強く雨が降っていて、何台か転んでいるのが見えました。自分のペースをコントロールするのが難しかったです。」

「今年から新しいレギュレーションとなり、レース途中でストップすることがなくなったんですが、スリックタイヤで雨の中を走るのは難しかったです。でも、終わってみれば、8位。ポイントも獲れたし、長いシーズンを考えれば、僕自身としては悪くないです。」

Tags:
MotoGP, 2005, betandwin.com GRANDE PREMIO DE PORTUGAL

Other updates you may be interested in ›