初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ペドロサを追う現125cc王者ドビツィオーソ、

ペドロサを追う現125cc王者ドビツィオーソ、

ペドロサを追う現125cc王者ドビツィオーソ、

アンドレア・ドビツィオーソは、250ccクラスに転向してから僅か2戦で表彰台を獲得。2戦連続して14人のルーキー勢の中で、トップリザルトをマークするだけでなく、ポイントランクも2位に浮上した。

昨シーズン、03年王者ダニ・ペドロサの後継者に指名されたイタリアンライダーは、その期待に応え、安定した速さと勝負強さを武器にタイトルを獲得。唯一、パンクによりポイントを稼ぐことができなかったエストリルで、頭脳的な走りで優勝争いを演じた。

「スリックタイヤを使用したけど、コースの一部がウェット状態だったので、ハードなレーススタートとなった。このコンディションの中で、リスクを回避しながら、トップからあまり引き離されないように心掛けた。」

「落ち着いていたし、タイヤを温存しながら終盤のバトルを待っていた。最終ラップはアプリリアを追いかけるのが辛かった。ストレートがすごく速いから、コーナーを素早く立ち上がらなければいけなかった。」

「今年の250ccクラスのラインアップを見て、シーズン序盤からこれほど強いとは率直に期待していなかった。でも、考えていた以上に、このバイクは扱いやすい。今回は勝てる可能性があった。表彰台を獲得してすごくハッピーだけど、ストーナーを抜くことができなかったから、少しがっかりだ。だけど、この責任は僕自身にある。もう少し最後までプッシュしなければいけなかった。」

04年125ccクラス王者は、04年250ccクラス王者であるペドロサが、模範ライダーであることを強調した。

「一番強いのは、疑いなく、ペドロサだ。彼のスタイルを学びたい。コーナー突入は遅いけど、誰よりも早く駆け抜ける。これはアドバンテージだ。今回はタイヤに問題があったようだけど、彼がタイトル有力候補であることは間違いない。」

Tags:
MotoGP, 2005, betandwin.com GRANDE PREMIO DE PORTUGAL, Andrea Dovizioso, Dani Pedrosa

Other updates you may be interested in ›