Tickets purchase
VideoPass purchase

高橋裕紀:「自信となります」

高橋裕紀:「自信となります」

高橋裕紀:「自信となります」

1週間前の開幕戦スペインGPではエンジントラブルに見舞われて、リタイヤを余儀なくされた高橋裕紀は、シリーズ第2戦ポルトガルGPで、全日本時代のライバル・青山博一とバトルを繰り広げ、レギュラーライダーとして初ポイントを獲得した。

現全日本GP250王者は初のエストリルで、11番グリッドを奪取。決勝レースでは、朝の雨により、路面の一部が濡れた状態の中で、好スタートを切った。

「すごく難しいコンディションの中で、スタートは上手く行って、序盤はトップグリープについて行けましたが、途中でペースが上がった時に、自分のペースが上げられなくて、最後は青山選手と一騎打ちになりました。」

「前でゴールしたかったんですけど、最後に自分がミスしてしまいました。7位でフィニッシュしましたが、目標であった完走が出来、自信となります。」

シリーズ第3戦は史上初開催となる中国GP。高橋は全員が0からのスタートとなるグランプリを楽しみにしている。

「次の中国GPは、初開催のサーキットなので、みんなが同じ条件。すごくいい結果が望めると思います。」

Tags:
250cc, 2005, betandwin.com GRANDE PREMIO DE PORTUGAL

Other updates you may be interested in ›