初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ファウベル、クラス転向2戦目でベストリザルト

ファウベル、クラス転向2戦目でベストリザルト

ファウベル、クラス転向2戦目でベストリザルト

フル参戦4年目に250ccクラスから125ccクラスへの転向を決断したエクトル・ファウベルは、シリーズ第2戦ポルトガルGPで2位を奪取。キャリア52戦目で初の表彰台に登った。

軽量級初挑戦となった開幕戦スペインGPでは、中量級からの転向組の中でトップ。大量12人がフル参戦するスペイン勢の中でも最高位となる7位でフィニッシュした。

そして、ポルトガルGPでは、125ccクラスの決勝レース前に行われた250ccクラスとMotoGPクラスで、スペイン勢が次々に表彰台を逃していた中で、観客数の大半を占めていたスペイン人ファンたちに、最後の感動を与えることができ、大満足でエストリルを後にした。

「ここの天気は変わりやすいから、ちょっと心配していたんだ。セッティングは決まっていたけど、それはドライでのこと。今回もヘレス同様に、いいスタートを切って、逃げ切ることを狙っていたけど、上手く行った。ミカと一緒に、後続を引き離すことができた。」

初の1列目からスタートした21歳のスパニッシュライダーは、ミカ・カリオとのバトルを展開。僅か0.008秒差で初優勝を逃したが、今シーズンへの自信を得ること成功した。

「ブレーキに問題があったけど、僕のバイクの方が速かったから、唯一勝機は最後のストレートだと思っていた。結局、0.008秒差。優勝まであと一歩だったけど、すごく嬉しい結果だ。次戦はトップになりたい。僕を信じてくれたチームマネージャーのホルヘ・アスパルとチーム全員、スポンサーに感謝したい。」

Tags:
MotoGP, 2005, betandwin.com GRANDE PREMIO DE PORTUGAL, Hector Faubel

Other updates you may be interested in ›