初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

中野真矢、エストリル・テストに手応え

中野真矢、エストリル・テストに手応え

中野真矢、エストリル・テストに手応え

シリーズ第2戦ポルトガルGPでトップ8入りを果たした中野真矢は、エストリルに延滞してプライベートテストを実施。1週間前のヘレス・テストに続き、電気系統のテストに取り組み、順調に開発が進んでいることを強調した。

「前回のヘレス・テストに引き続いて、電気関係のテストに取り組みました」と、今年8度目のテストを振り返ったカワサキのエースライダーは、テック3時代のチームメイトだったオリビエ・ジャックとピットボックスを共有した。

「ドライバビリティーが、かなり良くなり、低速コーナーからの立ち上がりに進歩がありました。ラップタイム的にも、決勝レースのタイムよりもいいタイムで周回を重ねることができ、良い方向に開発が進んでいることを再確認しました。」

中野は、史上初開催となる次戦の中国GP(決勝レース:5月1日)を今から心待ちにしていることを語った。

「今日19日に日本に帰国します。初開催の中国GPは、同じアジアでの開催なので、すごく楽しみです。日本でしっかりと体調を整えて、上海に向かいます。」

Tags:
MotoGP, 2005, betandwin.com GRANDE PREMIO DE PORTUGAL, Shinya Nakano, Kawasaki Racing Team

Other updates you may be interested in ›