初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

史上2人のコロンビア人ライダー、M.カルデナス

史上2人のコロンビア人ライダー、M.カルデナス

史上2人のコロンビア人ライダー、M.カルデナス

マルティン・カルデナスは、シリーズ第2戦ポルトガルGPの決勝レースに15位でフィニッシュ。ルーキーシーズンの初ポイントを奪取した。

1977年のベネゼーラGPで史上初のコロンビア人ライダー、マウロ・コラディーニがデビューして以来、2人目のライダーとなった23歳のカルデナスは、母国にMotoGPブームをもたらしている。

「本当に驚いているんだ。予選順位が悪かっただけでなく、スタートも良くなかった。それに、肩に痛みがあったけど、最後にはいいポジションでレースを終え、ポイントを獲ることができた。」

「コロンビアのたくさんのマスコミが僕を追っかけてきてくれる。今年は国営放送(カナル1)がレースを中継してくれるし、そこに、コロンビア人ライダーがいることが重要なんだ。」

モトクロスからレースを始め、国内のタイトルを幾つか獲得した後、カルデナスは02年にスペインに渡り、昨年はスペイン選手権スーパースポーツを制覇。その時のパフォーマンスが認められ、アプリリア・ジャーマニーからの初参戦が決定した。

「このクラスは強烈なレベルだ。高いポテンシャルのあるバイクを走らせる実力のあるライダーたちと戦うのは、本当に厳しい。」

「僕の目標はこのクラスで成長し、2年後には上位でバトルして、優勝争いがしたい。とにかく、今は少しでも上のポジションで完走すること。そして、ポイントを獲得することだ。」

Tags:
250cc, 2005

Other updates you may be interested in ›