初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

V.ロッシ、スペクタクロなサーキット施設に感銘

V.ロッシ、スペクタクロなサーキット施設に感銘

V.ロッシ、スペクタクロなサーキット施設に感銘

56年のチャンピオンシップ史上初開催となる中国GPの開幕を明日に控え、MotoGPを代表するライダーたちが共同記者会見に出席。ポイントリーダーの現王者バレンティーノ・ロッシは、スペクタクロな上海インターナショナルサーキットに衝撃を受けていた。

「第一印象はとてもいい。コースは難しいそうだ。初めてサーキットの写真を見た時は、高速コースの印象を受けたけど、長く、タフなコーナーを含むテクニカルなコースだと思う。」

「サーキットの敷地内には植物や池も多く、バカンスには適したところだね(笑)。」

「まだ、プレステーションのF1だけに、このサーキットが含まれているから、トレーニングできなかったのは残念だ。基本的に何もすることができず、今日の午後にスクーターで数ラップ走ってみた。明日は0からのスタートだけど、みんな同じ条件だ。」

「適したセッティングを見つけるのは非常に困難なのは確かだ。だから、予選セッションはとても重要だけど、バイクのパフォーマンスを確認して、必要なセッティングを早く決めることができるだろう。ライダーだけでなく、チーム全員にとってハードな仕事が控えている。」

共同記者会見には、前戦覇者のアレックス・バロス、通算200戦目を迎えるマックス・ビアッジ、元スーパーバイク世界選手権王者のコーリン・エドワーズ、アレックス・ホフマンの代役参戦となるオリビエ・ジャック、そして、ワイルドカードとして世界舞台の初登場する17歳の中国人ライダー、ワン・シュも出席した。

Tags:
MotoGP, 2005, TAOBAO.COM GRAND PRIX OF CHINA

Other updates you may be interested in ›