初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

中野真矢、通算100戦目へ

中野真矢、通算100戦目へ

中野真矢、通算100戦目へ

史上初開催の中国GPで、中野真矢はGPキャリア通算100戦目を迎え、好リザルトを獲得することを誓った。

「上海サーキットに来たのは初めて。コースは昨年F1をテレビ観戦した程度です」と、日本で体調を整えた中野は説明する。「中国は大切なレース。アジアでのグランプリですから。ここは初開催であり、同等の条件でスタートするので、カワサキにはチャンスだと思います。ポルトガルでいいテストが出来、トップ6を狙いたいです。」

中野は、98年に鈴鹿サーキットで開催された日本GP250ccクラスにワイルドカードライダーとして初参戦表彰台2位を獲得して鮮烈なデビューを飾った。

翌99年、フランスのテック3からヤマハのファクトリーライダーとしてフル参戦すると、2戦目の日本GPで初優勝。初シーズンにランク4位を獲得すると、00年にはチームメイトのオリビエ・ジャックと最終戦のゴールラインまでタイトル争いを繰り広げた。

01年に同チームから最高峰クラスにステップ。04年には、ヤマハからカワサキに移籍すると、日本GPではMotoGPクラスで初の表彰台を獲得した。

Tags:
MotoGP, 2005, TAOBAO.COM GRAND PRIX OF CHINA, Shinya Nakano

Other updates you may be interested in ›