初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

好調C.ストーナー、連覇へ向けて初日トップ

好調C.ストーナー、連覇へ向けて初日トップ

好調C.ストーナー、連覇へ向けて初日トップ

中国GPの公式予選1は29日、上海インターナショナルサーキットで行われ、前戦ポルトガルGPで接戦を制したケーシー・ストーナーがラストアタックで逆転に成功。暫定ポールポジションを奪取した。

予定よりも2時間半遅れてスタートした公式セッションは、気温30度、路面温度28度のウェットコンディションでスタート。ストーナーと現125ccクラス王者アンドレア・ドビツィオーソ、昨年初開催のカタールGPでポール・トゥ・ウインを決めたセバスチャン・ポルト、ポイントリーダーのダニ・ペドロサが、暫定ポール争いを展開する中、上位陣で唯一午前中のフリー走行のタイムを更新した19歳のオージーライダーが、トップタイムをマークした。

暫定2列目にはホルヘ・ロレンソ、青山博一、アレックス・デボン、アレックス・デ・アンジェリスが並び、高橋裕紀は19番手だった。

Tags:
250cc, 2005, TAOBAO.COM GRAND PRIX OF CHINA, QP1

Other updates you may be interested in ›