初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

M.パシーニ、初優勝!

M.パシーニ、初優勝!

M.パシーニ、初優勝!

史上初開催中国GPの決勝レースは1日、上海インターナショナルサーキットで行われ、昨年の新人王マティア・パシーニがファブリツィオ・ライとのバトルを制し、初優勝を飾った。

雨のため、予定より32分間遅れたスタートは、ウェットコンディションの中、クラス最年長26歳のライと15番グリッドから好スタートを切ったパシーニ、予選からKTMの戦闘力の高さを証明するガボール・タルマクシの3人による優勝争いが展開。ゴールラインまでもつれ込んだイタリア人同士の一騎打ちは、パシーニが最後のストレートで抜き去り、19戦目で初優勝を決めた。

8番グリッドからスタートした小山知良は、トーマス・ルティ、マルコ・シモンセリと4位争いを繰り広げると、ラスト2ラップにはシモンセリを抜き、ルティに次いで、5位でフィニッシュ。前戦ポルトガルGPの6位を上回る自己最高位でゴールした。

7位には昨年のスペイン選手権王者、15歳のアレックス・エスパルガロが入り、パブロ・ニエト、ルーカス・ペセック、フリアン・シモンがトップ10入り。ポールシッターのミカ・カリオは11位。葛原稔久は、最終ラップにジョアン・オリベとエクトル・ファウベルに抜かれて16位だった。

ポイントランクは、カリオがトップをキープしたが、ライが1ポイント差、パシーニが4ポイント差に迫った。

Tags:
125cc, 2005, TAOBAO.COM GRAND PRIX OF CHINA, RAC

Other updates you may be interested in ›