Tickets purchase
VideoPass purchase

ロッシ、ウェットでも快走

ロッシ、ウェットでも快走

ロッシ、ウェットでも快走

バレンティーノ・ロッシは、上海インターナショナルサーキットで今季2勝目をマーク。ウェットコンディションでも高い戦闘力を発揮できることを証明した。

ドライコンディショインで行われた公式予選では、ポールポジションタイムから約1.1秒遅れの6番手。セッティングを煮詰めきれずにいた。

「朝のウォームアップ走行でセッティングが、すごく良くなり、いい感じで乗れるようになった。いいスタートが出来て、直ぐに後続を引き離すことができたのには驚いた。路面はハードウェットだったから、100%の集中力を維持することを心掛けた」と、レース後にポイントリーダーは語った。

ロッシは、オリビエ・ジャックが2位に浮上し、接近していることに驚いたことを、ジョークを交えて振り返った。

「ピットボードにオリビエ・ジャックと標示されているのを見たときは、何を伝えたいんだと理解できなかった。‘O'として標示されていなかったんだ。誰だか分からなかったから、少し混乱してしまった。中国人ライダーかな、とも考えてしまった。」

「最後には、オリビエだと気付いた。終盤は彼の方が僕よりも速かったけど、トップの座を維持することができた。ヤマハと一緒にウェットで優勝できたことは特別だ。」

ロッシは、ランク2位に浮上したマルコ・メランドリに25ポイント差と引き離し、2週間後のフランスGPに挑む。「困難なレースになることは確かだ。昨年は4位。僕の好きなサーキットでないから、セッティングをしっかり仕上げないといけない。」

Tags:
MotoGP, 2005, TAOBAO.COM GRAND PRIX OF CHINA, Valentino Rossi

Other updates you may be interested in ›