初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

代役J.グールベルグ、6位獲得

代役J.グールベルグ、6位獲得

代役J.グールベルグ、6位獲得

右手を負傷した玉田誠の代役として、コニカミノルタ・ホンダから起用されたユルゲン・ファンデン・グールベルグは、最後列19番グリッドからハードウェットなコンディションの中、確実にポジションアップに成功。160戦を越える経験豊かな走りを見せて、6位でフィニッシュした。

「ウォームアップ走行から、好ポジションを獲得できるチャンスがあると思いました。もう少しタイヤをテストする時間があれば、もっと上の成績を挙げることができたかもしれません」と、チームマネージャーのルカ・モンテェロンは説明した。

「ユルゲンのパフォーマンスに満足しています。ハードウェットのレースで、彼の経験が違いを生み出しました。」

02年最終戦バレンシアGP以来となる世界最高峰舞台に登場した35歳のオランダ人ライダーは、1週間にバレンシアで開催されたスーパーバイク世界選手権に参戦していたが、満足にバイクが走らず、所属していたチームから離脱していた。 「自分のパフォーマンスに大満足だ。序盤は水しぶきで誰が僕の前を走っているのかも分からなかったけど、朝のウォームアップで見つけたセッティングのおかげで、たくさんのライバルたちを抜くことができた」と、グールベルグは満面の笑みで振り返った。

「バイクのバランスがすごく良くて、タイヤを消耗せずに、コンスタントに速く走ることができた。5位に浮上した時に表彰台を獲得する可能性が見えたけど、チームがこの週末にすごく懸命に働いてくれたから、リスクを冒さずに、状況をコントロールすることにした。僕を歓迎してくれ、戦闘力を与えてくれたチームに感謝したい。」

Tags:
MotoGP, 2005, TAOBAO.COM GRAND PRIX OF CHINA

Other updates you may be interested in ›