初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

C.チェカ、5度目のルマン表彰台奪取へ

C.チェカ、5度目のルマン表彰台奪取へ

C.チェカ、5度目のルマン表彰台奪取へ

カルロス・チェカは、過去に好成績を残しているルマンで、今シーズン飛躍のきっかけを狙っている。

ヘレス10位、エストリル5位と開幕から2戦連続してドゥカティ勢のトップでフィニッシュ。しかし、上海では転倒を喫して、0ポイントに終わっていたが、昨年の2位を始め、過去に5度の表彰台を獲得しているルマンでフランスGPを心待ちにしていることを語った。

「何がハッキリした理由だが分からないけど、ルマンではいつも上手く走れる。もしかしたら、僕のライディングスタイルかもしれないし、僕の身体に流れている血かもしれない。弟のダビッドは先月のルマン48時間耐久で優勝したんだ。何か血縁関係に何かあるのかもしれないね。」

「僕の好きなサーキットであることは事実。ストップ&ゴーの特徴があり、特に最終セクションは、スペインのカラファト・サーキットを思い出す。」

「バイクと僕の関係は実に上手く行っている。僕のスタイルはすごくスイートだけど、ドゥカティではアグレッシブに行ける。だから、限界までブレーキングができるんだ。」

「2つの分野について、僕たちはバイクの改良に取り組んだ。1つはブレーキ。もつ1つは低速コーナーにおける操縦性だ。ルマンでどのようなパフォーマンスを見せてくれるのか楽しみだ。」

Tags:
MotoGP, 2005, GRAND PRIX ALICE DE FRANCE, Carlos Checa

Other updates you may be interested in ›