初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

V.ロッシ、苦手ルマンでは好調維持に

V.ロッシ、苦手ルマンでは好調維持に

V.ロッシ、苦手ルマンでは好調維持に

04年王者のバレンティーノ・ロッシは、あまり得意ではないルマン・サーキットで開催される今週末の第4戦フランスGPに、開幕戦からの勢いを維持することに専念する。

「前戦の決勝レース前、フロントフォークを硬め調整したことが根本的だった。そのセッティングが、ヤマハで初めてウェットレースを制することにつながった。ドライでも有効的だと思う」と、イタリアンライダーは中国GPの勝利を振り返った。

「セテ・ジベルナウとアレックス・バロスをあのコンディションで上回ったのは、本当に信じられないよ。ウェットで速く走れることを証明できたことは、ファンタスティックだ。2人は実に速く、戦って行けると思う。あの勝利は僕たちの士気を高めるために重要だった。」

昨年、ロッシは16戦中5戦で表彰台を逃した。ルマンでは表彰台争いを繰り広げながら、4位でフィニッシュ。一方で、ライバルのジベルナウは2年連続の優勝を飾っている。

「ルマンは僕の好きなコースではない。昨年のレースは厳しく、4位でフィニッシュするのがやっとだった。どんなコンディションでも、僕たちの問題が解決できると信じているし、そうなると期待している。もし、天気が良くないようだと難しいかもしれないだろうけど、少しの幸運で、ドライで走れることを願う。少なくても、もし雨でも僕たちは昨年よりも上のポジションでゴールしたい。」

ロッシは、中国GPで2位に入ったオリビエ・ジェックもライバルの1人だと注意している。

「ジャックは、中国ではルマンに向けてバイクを把握するためのテストだったとコメントした。それで2位だったから、フランスではどのような展開となるかは誰も分からない。」

Tags:
MotoGP, 2005, GRAND PRIX ALICE DE FRANCE, Valentino Rossi

Other updates you may be interested in ›