初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

雨に見舞われた午後のセッション

雨に見舞われた午後のセッション

雨に見舞われた午後のセッション

シリーズ第4戦フランスGPの初日フリー走行2は13日、ルマン・サーキットで行われ、アレックス・バロスがトップタイムをマークした。

気温18度。路面温度22度のドライコンディションでスタートしたが、セッション途中から雨が降り始め、全ライダーはピットボックスに帰還。約20分後にウェット用にセッティングを変更して、再びコースインした。

雨のエストリルでポール・トゥ・ウインを決めたアレックス・バロスが、雨の影響を受ける前に1分34秒171をマーク。ルマン3連覇を狙うセテ・ジベルナウに0.119秒差をつければ、01年覇者のマックス・ビアッジとフリー走行1でトップだったコーリン・エドワーズが続いた。

通算101戦目に挑む中野真矢は、午前から1つポジションを上げて5番手。次世代を代表する3人のヤングライダー、マルコ・メランドリ、ジョン・ホプキンス、ニッキー・ヘイデンが続いた。

02年覇者のバレンティーノ・ロッシは13番手。地元のオリビエ・ジャックは15番手。玉田誠の代役となったユルゲン・ファンデン・グールベルグは20番手だった。

Tags:
MotoGP, 2005, GRAND PRIX ALICE DE FRANCE, FP2

Other updates you may be interested in ›