初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

M.カリオ、3連続ポール奪取へ好スタート

M.カリオ、3連続ポール奪取へ好スタート

M.カリオ、3連続ポール奪取へ好スタート

シリーズ第4戦フランスGPの公式予選1は13日、ルマン・サーキットで行われ、ポルトガルGPから2戦連続してトップグリッドを奪取しているミカ・カリオが、暫定ポールポジションを獲得した。

気温16度。路面温度18度のドライコンディションの中、ポイントリーダーのフィランド人ライダーは、ラスト2ラップ目にチームメイトのガボール・タルマクシを逆転すると、ラストアタックで1分43秒693をマーク。最後に2番手に浮上した緒戦ポールシッターのマルコ・シモンセリを、0.312秒差で抑えた。

4番手には、ポルトガルGP2位のエクトル・ファウベルが入り、ルーカス・ペセック、トーマス・ルティ、フリアン・シモン、マイク・ディ・メッリオがトップ8入り。前戦覇者のマティア・パシーニは12番手だった。

初のルマンに挑戦する日本勢では、葛原稔久がトップから1.464秒遅れの15番手。小山知良は18番手だった。

Tags:
125cc, 2005, GRAND PRIX ALICE DE FRANCE, QP1

Other updates you may be interested in ›