初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

玉田誠、欠場へ

玉田誠、欠場へ

玉田誠、欠場へ

玉田誠は右手骨折の回復具合を確認するために、予選初日午前のフリー走行1に臨んだが、リスクを回避するために、フリー走行2以降のセッション及び決勝レースに欠場する決断を下した。

コニカミノルタ・ホンダは、玉田の代役として、前戦中国GPに起用したユルゲン・ファンデン・グールベルグを再起用することを発表した。

「初セッションは、マコトが走れるコンディションであるかを確認する時でした。不運にも負傷した右手が激しく痛み、数ラップしか走行することができませんでした。これ以上のリスクを冒したくありません。私たちはリタイヤすることを決断しました。残念ですが、この状況を受け入れなければいけません。休養することが最善だと思います」と、チームマネージャーのルカ・モンテロンは説明した。

「ユルゲンが、再びマコトの代役を務めます。最初のセッションを参加しなかったことで、ベストな状況ではありませんが、私たちはベストなバイクを提供できるように全力を尽くします。」

Tags:
MotoGP, 2005, GRAND PRIX ALICE DE FRANCE, Makoto Tamada

Other updates you may be interested in ›