初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロッシ&エドワーズが表彰台奪取

ロッシ&エドワーズが表彰台奪取

ロッシ&エドワーズが表彰台奪取

ヤマハのファクトリーチーム、ゴロワーズ・ヤマハの両雄、バレンティーノ・ロッシとコーリン・エドワーズの2人が揃って表彰台を獲得した。

「前戦の中国GPのように、スタートでミスを犯してしまったけど、周回毎にポジションを挽回することが出来、コーリンに追いつくことができた。彼のペースが良かったから、後ろにつくことにした。そうしたら、ジベルナウが後方から迫ってきたから、コーリンを抜いて、全開でプッシュすることにした。周回毎に調子が上がり、最終ラップには最速ラップで走ることができた。とてもハッピーだ」と、ロッシは振り返った。

「ポールポジション、最速ラップ、優勝。そして、コーリンも表彰台を獲得した。パーフェクトな週末になった。バイクはよく走ったし、これからのレースに向けていいセッティングがあるようだ。多くのファンと再会できる次戦のムジェロが楽しみだ。」

今シーズン初の1列目からスタートしたエドワーズは、序盤は独走。最終的には昨年10月のカタールGP以来となる表彰台を獲得した。

「勝ちたくて必死だったけど、他のライダーの方が速かった。スタートから好リズムで走れたし、トップを維持するには十分だと思っていたけど、バレンティーノとセテが追い上げてきた。彼らのリズムは信じられない。タイヤのコンディションが悪くなり、2度ほど転倒しそうになったから、3位を維持することにした。これはチームの素晴らしい仕事へのプレミアムだ。残りのシーズンに立ち向かうベースが整った。」

Tags:
MotoGP, 2005, GRAND PRIX ALICE DE FRANCE

Other updates you may be interested in ›